木枕・硬枕のQ&A

木枕・硬枕のQ&A【西式健康法】
1枕はなぜ必要か
生理学者の杉氏1)によれば、
人は立つて歩きだしたばかりに木枕が必要になった。
生まれたての乳児は硬枕をしないし、また必要もない。
元来、人間の姿勢は正しい状態であれば、
頚椎、胸椎、背骨にかけて一線をなしているのが
一番理にかなっているはずなのである。
ところが人間立って歩きだしたばかりに重力が
縦向きにかかり、骨格もそれに応じてだんだん
S字形になってしまった。特に頚椎は脊椎に対して
前かがみとなり、あおむけになる時は体に
合わせた硬枕を使うことになった。



木枕Yahoo店
https://store.shopping.yahoo.co.jp/kimakura/

木枕の効能

●首の骨〔頚骨〕のずれ、副脱臼を矯正する。
●肩こリの予防。
●小脳や延髄を刺激し、手足の麻痺を予防する。
●耳鼻咽喉、歯痛、気管支炎の予防。
●甲状腺症の予防。
木枕の使用方法
●痛みを感じる場合は、慣れるまで木枕に二重、三重にタオルを巻
 いて、だんだんはずしていき、最後には直に
当てるようにしてくだ

 さい。
●仰向けに寝て頚椎4番を中心に、枕の湾曲に
そって首をしっかり
当てて下さい。
●使用する人の薬指の長さと水枕の半径が一致する
サイズをお選び
ください。

木枕で寝ると足の方へ血液が流れやすくなり、頭が冷えて
足が温かくなリ、いわぱ頭寒足熱という理想的な状態が生ま
れ、安眠と頚椎副脱臼・矯正の働きを促進させます。
(西勝造
著r西医学実践宝典)よリ
この枕は西式健康法創始者 西勝造先生創案の健康枕です。

西式木枕全国通販
木枕サイズ
身長による基準
大体の目安です。
153cm未満  SSサイズ
153cm〜159cm Sサイズ
160cm〜166cm Mサイズ
167cm〜173cm Lサイズ
174cm以上  LLサイズ

西医学の哲学、それは現実の確かな地盤の上に立ち、
科学諸分の正しい研究をその基盤とする。すなわちそれは、
人間についいてのあらゆる科学、たとえば、解剖学、組織学、
生理学、生化学、薬理学、心理学、社会学、および数学、
物理学、生物学の応用等、ほとんどすべての科学における因果の
追求と解明とをその強固な土台として構成された、
一つの学問体系である。これは、人間性活の道標であるといえる
(西勝造著政策より抜粋)


問い合わせ