睡眠中に硬枕の高さが合わない

1)杉精二郎 枕と健康 (月刊)消費者 1960 10号
2)高木貞彰ら 枕と睡眠中の頚椎症の発現に関する研
究 睡眠と環境 19932なぜ硬い枕なのか
睡眠中に硬枕の高さが合わないことから、頚椎にゆがみ
を生じて、肩こり、首筋の痛み、頭痛などを生じたりし
ます。
この高さは、就寝時にはちょうどよくても、少し動い
たり、木枕がへたったりで、変化してしまうものです。人
の頭部の重量は体重の4.4%ある3)というから女性でも
2㎏以上もあることになります。
枕が硬いということは、変形しにくいということであ
って、就寝中の高さの変化がないということでもありま
す。
昔から、木枕や、陶器の枕なども使われてきた歴史
もあります。また、最近の肩こりに関する本を見ても、
ビール瓶にタオルを巻いて、直径8㎝にしたものを頚椎
のところにあてるように書いているものもあります。
木枕は、就寝中の硬枕の高さの変化をなくし、いつも
最適の高さを維持し続けながら、しっかりと頚椎を支え
るところによさがあります。頭のおちつきもよく、硬め
の木枕が好きな人も多いようです。
3)花岡利昌 枕の人間工学 光生館 1993 3なぜ半円形なのか
硬枕の形として、その人の頚椎の湾曲を最もよい状態に
保てば、頚椎の椎間から分岐して頚や肩、腕に分布する
脊柱神経を圧迫しないようにでき、頚椎の不自然な曲り
からくる肩こり、首筋の痛み、頭痛などを予防できるこ
とになります。
木枕として、後頭部の凸形は、ある程度順応性のある素
材ならばよいが、自然の頚椎部の湾曲を保つ上で最も安
定しなければならないのは頚椎部であり4)、この頚椎
部を支える硬枕としての自然の頚椎部の曲りがほぼこの半
円形になっています。
この半径としては人の薬指の長さにしたものがよいと
の説5)もあります。
肩こりの治療として、ビール瓶にタオルを巻いて直径
8㎝にしたものを首のくぼみに入れるとよいとの記事も
あります。これは、半径が異なりますが、頚椎に当たる
ところはやはり半円形です。そして、半円形は転がらず
安定します。

西勝造

5)西勝造 西医学健康原理実践宝典 西会本部 1950
4枕の適した高さとは
 高さの合わない硬枕では寝にくく、
また、高い枕は、頚
椎症の発症を惹起します2)。
人には適した枕の高さがあるはずです。しかし、やわ
らかなふとんでは、人は沈みこみ、また、枕も沈みこみ
ます。これでは適した枕の高さは望みようもありません。
昔は、せんべい布団で、木枕を使うときは布団の外に
木枕を置いたということもあります。
木枕の高さについての各種の実験結果によると、体格等
によらず、仰臥位でほぼ5㎝、横臥位で7㎝がよいとい
う文献6)もありますが、硬枕の高さの定義がはっきりし
ていません。
三輪氏ら7)によれば、平板に寝て後頭部で6㎝、頚
椎部で8㎝が適値としています。実際には、前述の寝具
の弾力や、好み、人による違いによって多少の高さの調
整が必要でです。
龍宮枕(硬枕)では、後で述べる付属枕カバーで高さ
の調整ができます。また、硬さの調整も同時にできます。
6)花岡利昌 枕の人間工学 光生館 1993
7)三輪恵美子 脳と心 P117 NHK 1993 5龍宮枕の特徴は
□頸椎を支えて肩こり予防  □熱がこもらない通気性構造
□蒸れない全面開孔  □消臭効果が再生できる活性炭繊維使用
□丸洗いできて清潔・安全  □高さ調整、硬さ調整可能なカバー(オプション)
□後頭部をやさしく受けとめる子枕(オプション)
□横向きになっても大丈夫(ワイド型枕) 

6龍宮枕の使用方法は

6龍宮枕の使用方法は
龍宮枕は頚椎を支え、ゆがみを正す枕としての特徴が
ありますので、図のように第4頚椎を中心に当てるよう
にして使用します。首を前に倒したとき出っ張るのが第
7頚椎です。
サイズはSとMがございます。Sは7㎝、 Mは8㎝の
高さです。低すぎる時はカバーの巻き方、又はタオルを
当てなどして調整してください。硬さが硬い時は上の方
にカバーをもってくるか、カバーの内側に別途タオルを
入れてみてください。(特製パシーマカバーの項参考の
こと)
初めての方は痛かったり、しびれたりすることがあり
ますので、慣れるまでは別途タオル等を当ててください。
また、子枕(オプション)をつけると、後頭部を少し支
えますので慣れない方も楽な寝心地が得られます。
不適当な枕や寝具での睡眠は翌朝起床時に手指突のし
びれを来すことがありますので、その様な時は子枕の使
用や、高さの調整、硬さの調整をしてみてください。

龍宮枕の内部は

龍宮枕の内部は  龍宮枕の構成は木質で半円箱型を構成し直径10㎜の
穴を全面にあけて通気性をもたせました。
その外層に吸湿、放湿性に富む脱脂した綿とガーゼ、
及び消臭効果が再生可能な活性炭繊維を取り付けていま
す。
最外層は吸湿性、通気性のよい脱脂した綿花を混合し
た固わた層を綿布にキルティングしたもので被い、洗濯
にも耐え、適度のソフトさを加えています。>

龍宮枕と、木枕、陶枕との違いは

龍宮枕と、木枕、陶枕との違いは
以前より硬くて半円形の枕として木枕とか陶枕という
ものがあります。
従来の木枕との違いは全面に穴をあけ(50ヶ以上)、
通気性をもたせました。その上に吸湿性、放湿性、消臭
効果のある脱脂した綿+ガーゼ、活性炭層をつけました。
さらに、適度のクッション性をもつ固わたを外被にキル
ティングしたもので被っています。
また、陶枕は、現在でも冷たくて気持ちがよいからと
愛用されている方もおられますが、難点は、吸湿性にか
けること、初心者には硬すぎることがあり、その点を改
良したのが龍宮枕というわけです。

特製パシーマカバーとは

特製パシーマカバーとは
龍宮枕をより効果的に御使用いただくためにカバーを
準備しました。素材は福岡県発明考案審査会で特賞を受
賞した寝具素材パシーマを使用しております。
パシーマは脱脂した綿とガーゼを主としており、洗濯
するほどソフトでやさしい吸湿性抜群の素材です。
このカバーの図のような利用法により、硬さの調整、
高さの調整ができ、毎日、首との接触部が清潔な状態で<
の睡眠ができます。

健康によい龍宮枕の利用法は

健康によい龍宮枕の利用法は
硬枕は、快適性もさることながら、健康のためによい枕
を選ぶことが大切です。
枕は安眠のみならず、睡眠中の頚椎のずれを正すのが
よいのですが、背骨も同様です。体が沈み込むことは、
背骨が曲り、腰痛になり易い人には不向きです。それだ
けでなく、内臓も圧迫されて働きが鈍ります。また、硬
い床を利用すれば、枕自体も沈み込まずに適正な高さを
維持します。
そこで、平らで、硬めの布団に硬枕(龍宮枕)木枕を併用
して、吸湿性、放湿性に優れたシーツ&ケット(パシー
マ)を使用した健康睡眠法をおすすめします。
この平らで硬めの布団は龍宮敷といい、内部には多数
の穴を有する合板を中心に、両面より固わたを圧着した
ものを入れて、龍宮枕同様にキルティングしたもので被
ったものです。
龍宮枕同様、龍宮敷、パシーマの併用をお試しくだ
さい。

横向きに寝たときは

硬枕(龍宮枕)を使用して、
じっと一晩中しているべ
きでしょうか。むしろ動かないでいる人より、動く人の
方が多いと思われます。数時間でも硬枕に頚椎をのせて
いただければそれだけ効果的ですが、もう一つ横向きに
なったときの対応としてw(ワイド)型を開発しました。
これは、龍宮枕をワイドに長くして、両端1/3ずつに、
仰向け時と横臥時との高さの差2㎝位の固わた(ウレタ
ンとは全く違って通気性があり熱がこもりません)を取
り付けたものです。横向きになっても耳も痛くなく、枕
から落ちることもありません。また、ワイドですから肩
からのすきま風も防げます。